部屋探しにかかる費用


部屋探しで最初に決めなければならないのが、どのような条件で探すかということでしょう。その際に重要となりやすいのは、家賃の設定です。部屋探しで間取りや立地が気に入っても、家賃が高すぎて家計を圧迫すれば、生活は破たんしてしまうものです。そのため家賃はある程度の基準が存在しています。目安にしたいのが月収の3分の1です。収入は税金や年金などの費用を引いた額の、手取りで考えます。たとえば手取りが20万円なら、6~8万円までが家賃にあててよい金額だとわかります。また、学生で一人暮らしの場合は、アルバイト代と親からの仕送り総額で比較してください。

そして注意しなければならないのが、礼金、敷金、仲介手数料などの初期費用でしょう。部屋を借りる際には、数十万円ほどまとまった費用が必要です。礼金や敷金は1~2か月分が目安となり、仲介手数料は1ヶ月が限度となります。これらの初期費用は物件によって割引しているケースや、不動産業者で無料にしているところもあります。敷金や礼金をゼロにしている理由は、大家さんが早く借り手を見つけたいためです。敷金は退去時の修繕費にも充てられるため、無料だと退去時に費用がかかることもあるため注意しましょう。

部屋探しをするにはこれらの費用相場を考えなければならず、家賃6万円で礼金2か月、敷金2か月、仲介料1か月かかったとすると、30万円もの費用が発生することになるのです。初期費用がネックになる人は、月々のコストや初期費用を節約できる、ルームシェアという住み方を検討してみてはどうでしょうか?